食事と発毛

最近、生え際の薄毛の悩みを抱える女性が増えています。仕事や家事などで忙しい毎日を送る女性は、ついファーストフードや菓子パンだけでお昼を済ませるなんてことも多いみたいです。

さらに、ダイエットを意識する多くの女性は、どうしても栄養バランスが偏りがちになってしまいます。こうした食生活は髪に好ましいものではありません。生え際が薄くなってきてから慌てて対策をするのではなく、日々の食生活を整えて髪の成長を促すようにしましょう。

【発毛を促進する三大栄養素】
◎髪の主成分「タンパク質」
髪のほとんどは、「ケラチン」というタンパク質でできています。タンパク質は健康なからだをつくるために不可欠な栄養素で、髪以外でも、心臓や血管・神経・肌・筋肉など、身体のほぼ全ての機能を支えています。ですから、体内にタンパク質が行き届かないと、健やかな髪は生まれません。大豆や豆腐は良質なタンパク質を含んでいるので、味噌汁やサラダなど、毎日の食事に取り入れましょう。

◎発毛を促進する「ビタミン群」
ビタミンはタンパク質の吸収を促し、その働きを促進する大切な働きを持っています。また、ビタミンは生え際の発毛だけでなく、疲労や肌荒れにも効果的です。魚に多く含まれているビタミンB6はタンパク質を髪に変える力を促進し、ビタミンDは髪の黒い色素をつくり出します。
薄毛が気になる女性は、肉よりも魚中心の食事に切り替えるのも効果的かもしれません。ビタミンは種類が多く、どれかひとつだけに偏るのではなく、バランスよく補うことが大切です。

◎強く美しい髪をつくる「亜鉛(ミネラル)」
発毛を促し、健やかな髪の毛へと育てる役割を持つのが亜鉛です。亜鉛が多く含まれる代表的な食材に牡蠣があります。牡蠣はアミノ酸も豊富で、通称「海のミルク」といわれるくらい栄養満点な食材です。髪にボリュームがなくなってきたと感じたら、牡蠣など亜鉛が豊富な食材を意識して摂るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA