見栄は借金を呼ぶ

知り合いのAさんは、消費者金融への借金が理由で離婚し、40歳を過ぎた今は気ままなフリーター生活を続けています。

借金の理由は、Aさんのキャバクラ遊びだったわけですが、奥さんから離婚された今もキャバクラ遊びの癖が抜けず、お気に入りのキャバ嬢に「俺は実業家で、広告代理店を経営しているんだ」と嘘100%の見栄を張ってしまいました。

それ以来、キャバ嬢の麻奈美(仮名)さんからは、毎日のように同伴のお誘いメールが来るようになりました。フリーターのAさんにとっては、麻奈美さんとの同伴は経済的にかなりの負担です。でも、経営者を自称した手前、時には同伴をしないわけにはいきません。

思いあぐねた挙げ句、Aさんは闇金に手を出してしまったのです。その後は、追い込みをかけられて弁護士さんへ泣きついたそうです。

「もう見栄を張って、俺は社長なんだという嘘はつきません」と反省したそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA