浮気の慰謝料

パートナーに不倫行為が発覚すると、慰謝料が必要になることがあります。婚姻関係や婚約中といった間柄なら当然です。

浮気の証拠を提示されてしまえば、逃げおおせることはできないでしょう。慰謝料の額は実際、2ケタ万円から3ケタ万円とかなりの違いがあります。その額で難しいときは、現実的な支払額になるよう相談するのも悪くないかもしれません。

調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーということはないです。規模の大きな探偵業者ではクレジットカードでの決済に対応しています。
明細書の記載に配慮したところも多いので、探偵を頼んだことが気付かれる恐れもありません。カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、良い業者の目安ということにもなります。

配偶者の浮気がわかったときは、誰だって頭の中が混乱するものです。しかし激情が通り過ぎたあと、冷静になってきたら、その許しがたい行為への対策を立てましょう。浮気はどう言い訳しようと、やってしまった人間が「有責」なのです。

気持ちの上ではわだかまりが残るとは思いますが、精神的苦痛を伴う行為への補償(慰謝料)は、請求しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA