泉質にこだわる

87_s

日本人は温泉好きですが、日本にはいったいいくつの温泉地があるかご存じでしょうか?

ここでいう温泉地の定義ですが、宿泊施設のある場所を指し、一軒宿も1温泉地としてカウントされます。日帰り施設のみの場所は含みません。温泉地の数は2010年度より減少が続いていましたが、再び増加に転じています。

なんと日本全国には、じつに3,159カ所の温泉地があるそうです。こうした温泉地を訪れ、宿泊する人の数は年間でのべ1億2千万人を超えています。これって、日本の人口くらいですね。いかに日本人が温泉好きかを物語ります。

なお、温泉地数の都道府県別ベスト10は以下のようになっています。
第1位:北海道(249カ所)
第2位:長野県(225カ所)
第3位:新潟県(150カ所)
第4位:青森県(142カ所)
第5位:福島県(135カ所)
第6位:秋田県(127カ所)
第7位:静岡県(114カ所)
第8位:群馬県(103カ所)
第9位:鹿児島県(100カ所)
第10位:山形県(89カ所)

・・・ということで、こよなく温泉を愛するポチとポチ子ですが、それぞれに好みがあって、なかなか活発な議論が交わされます。

ポチ「僕はやっぱり硫黄泉が好きだなあ!あの香りがたまらない」

ポチ子「あたしは、断然塩化物線ね。体の中から温まるのが魅力なの」

さてさて、今夜もふたりの温泉談義は長くなりそうな気配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA